大日本印刷/「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」を開始

大日本印刷株式会社の100%子会社でコンテンツビジネスを担当する株式会社DNPアーカイブ・コムは,財団法人東京都歴史文化財団(理事長:氏家齊一郎)が東京都から管理を委託されている東京都庭園美術館,東京都江戸東京博物館,東京都写真美術館,東京都現代美術館で,財団法人東京都歴史文化財団が管理・保有する文化財の画像資産(ポジフィルム,デジタルデータ,及び文献資料等)の国内外での画像ライセンス販売,貸出サービスを行う「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」を4月26日より開始します。


【「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」の目的と概要】
今回サービスを開始する「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」は,財団法人東京都歴史文化財団が管理・運営する文化財の有効利用を図ることを目的とし,江戸時代の美術工芸品,生活,文化資料から内外の近現代美術作品,写真作品,建築,典籍にいたる幅広いジャンルの画像のライセンス販売とレンタルサービスを行います。
今まで,このような画像資産などの資料提供は,学術的な用途などに限定されており,商業用途での利用は許諾されていませんでした。また,膨大な量の収蔵物を常時展示することも難しく,作品や資料が一般の生活者の目に触れることは少ない状態でした。
今回の「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」のサービス開始により,書籍,雑誌,画集,写真集など出版物や,テレビコマーシャル,インターネットでの使用,雑誌広告などへの使用,インテリア商品,ステイショナリー,アートグッズなどへの商品化が可能になり,多くの生活者が文化財や諸資料に触れる機会が増えることになります。
また,DNPアーカイブ・コムでは,「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」において,東京都歴史文化財団が管理・保有する文化財の画像資産を利用した新しいビジネスの創出を目指します。


【「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」の主な商用利用】
文化財の画像資産を利用した商品開発・販売
従来では許諾されていなかったミュージアムグッズ,着物などの衣料品,文具などさまざまな商品への使用が可能になります。

画像資産を利用した出版企画,放送番組などでの放送・配信
出版での利用はもとより,放送番組,テレビコマーシャル,インターネットのホームページなどに使用できます。

画像資産を利用した展示パネルや映像記録等の展示・上映・映写
イベント会場で使用するパネルや映像への使用や,鉄道・バスなどの車内広告,ラッピング広告,雑誌広告などに使用できます。


【「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」ライセンス販売,貸出しサービスの内容】
・デジタルデータのライセンス&レンタル
「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」では,東京都江戸東京博物館(約18万点の標本資料),東京都庭園美術館(建築外部,内部室内装飾写真),東京都写真美術館(フェリックス・ベアト,小川一真など写真黎明期の写真作品など),東京都現代美術館(約3,800点)の約20万点に及ぶ収蔵作品の中から,約1万点に至るデジタルデータのライセンス販売とレンタルを行います。
デジタルデータは,映像,マルチメディア用途の低解像度のものから,印刷物の製作にも対応可能な高解像度のものまで,各用途に対応したデジタルデータを提供します。写真資料のデジタル化を順次進め,ラインナップを拡充していく予定です。

・フォトライセンス&レンタル
各美術館との連携により,ポジフィルムをスピーディにご提供出来るようにしていきます。
特に人気の高い文化財については,実際のポジフィルムを閲覧しながら作品を選定出来るフォト・ライブラリーを開設する他,インターネット上での作品検索ができる機能なども充実させていく予定です。

・企画コンサルテーション
得意先の企画意図や要望にあった文化財の照会から選択や文化史的な歴史資料の確認。
文化財に関するスペックの提供などの業務を行うほか,出版,映像制作における,企画立案から取材,編集,製作までトータル的にサポートいたします。

・その他
画像の中には,著作権者の許諾が必要な作品があります。それらの著作権処理についてもサポートします。

DNPアーカイブ・コムは,RMN(フランス国立美術館連合)との共同プロジェクトによる「RMNイメージアーカイブ」や,中国国家文物局傘下の文物出版社(中国法人 本社:北京)との連携による「中国文物イメージアーカイブ」,東京国立博物館の所蔵作品の「TNMイメージアーカイブ」など,さまざまな国の文化画像資産のデジタル化,ライセンス販売,レンタルを行う事業を進めています。今回に「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」を加えることで,ライセンス事業における美術コンテンツの一層の充実を図るものです。


【売上目標】

「東京都歴史文化財団イメージアーカイブ」のライセンス販売による売上は,初年度1年間で1,000万円,関連商品を含めて1億円を計画しています。


(C)Japan Association of Graphic Arts Technology